アボカドの種を植える

昨日予告したようにアボカドの種を植えてみることにします。

前回は鉢に植えたのですが今回は大き目のポットにしました。

たしかこのポットは先日ホームセンターで芍薬を買ってきたときについていたポットだと思います。(芍薬は鉢へ植え替えました)

実は去年巷で流行っている水耕栽培にも1回挑戦したのですが、失敗したので今回は無難に土でやります。

前回、土をどうやったか覚えてないのですが今回はホームセンターで売ってる培養土で発芽させてみます。

アボカドの種

果実はスーパーで買ってきた後冷蔵庫に入れずに保管。(冷やすとよくないらしい)

果肉には発芽を抑制する成分が含まれているらしいので種は取り出した後、洗剤も使ってゴシゴシとこすって洗い流して準備完了。

昨日は強めの雨が降っていて、植えるのが面倒だったので乾燥しないように少し湿らせたティッシュにくるんで保管していました。

薄い皮も剥いたほうがいいのかもしれないけど、前回はそのままでいけたので今回もそのままでやってみます。

アボカドの種を植える

尖ったほうを上にして半分ほど頭を出すようにして水やりをして完了。

後は発芽するまで乾かないように水をやるようにします。

今回は前回よりも容器が小さい(前回は鉢に植えた)ので葉っぱが2、3枚ついたあたりで植え替えになるかな。

前回は10日くらいで根元に割れ目が出たけど今回もそのくらいで出てくれればいいなぁ。

次回は発芽したら記事を書こうと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA