バオバブの植え替え

バオバブ

バオバブを昨日植え替えました。本当は春に植え替えたほうがいいのですが、種を植えていたポットが小さすぎて。かなり窮屈になってきたのとバランスが悪くて風にあおられただけで倒れるということが頻発したため、急遽植え替えることにしました。NHKの趣味の園芸のサイトには生育はあまり速くないのと書いてあるのですがそんなことはないですね。時期的に同じくらいに発芽したビワと比べても明らかにでかいです。柑橘系の連中と比べてみても比較になりません。正確な比較はできませんがアボカドと同じくらいの速さに思えます。

植え替えるのは3つのうち無事に子葉がでた2つで、子葉が千切れてしまった株はまだあまり大きくない(成長が明らかに遅い)のでそのままにしておきました。

バオバブをポットから取り出すとかなり太い根が出現。これが根塊なのかな。

(根の写真、日没時に作業したので暗くてボケてしまいました)

土は調べたところ水はけのよい土を好むらしく、赤玉に少し腐葉土を入れて、軽石を混ぜろと書いてあったのですが、軽石として鹿沼土を使いました。ちょっと酸性気味になるかもしれません。バオバブの自生地はがやや乾燥しているイメージなので酸性を好まない可能性もあるのですが(詳しくないです)、ためしにこれでやってみます。

これをとりあえず6号の鉢に植え替えてみました。

バオバブ

後は防寒をどうするかをそろそろ考える必要がありそうです。(去年、パイナップルとパパイアを枯らしてしまいました)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA